コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省符 しょうふ

大辞林 第三版の解説

しょうふ【省符】

律令制で、民部省から諸国に発した公文。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の省符の言及

【符】より

…上申文書である(げ)に対応する下達文書である。太政官(だいじようかん)から八省や諸国へ下す太政官符,省から管轄下の寮や司へ下す省符,国から郡へ下す国符などがある。様式は第1行に差出所と充所があり,本文の書止(かきどめ)文言はすべて〈符到奉行〉(符到らば奉行せよ)である。…

※「省符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

省符の関連キーワード和歌山県伊都郡九度山町慈尊院和歌山県伊都郡九度山町紀伊山地の霊場と参詣道太政官(古代)九度山(町)荘園(日本)不輸・不入国免の荘紀伊山地不輸不入太政官符坂上経澄官省符荘立券荘号民部省符高野山律令制大山荘輸租田愛智荘

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android