コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真名本/真字本 マナボン

デジタル大辞泉の解説

まな‐ぼん【真名本/真字本】

漢字だけで書かれた本。→仮名本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の真名本/真字本の言及

【漢文】より

…とりわけ,万葉仮名と呼ばれる漢字の使用方法を生みだし,しかもこの万葉仮名は平安朝における平仮名,片仮名の母体ともなった(仮名)。しかし,平仮名,片仮名が生みだされたのちも,漢字で文章を書くことは行われ,公文書,公家日記などはもちろんのこと,もともと平仮名で書かれたと思われる《伊勢物語》にも真名(まな)本と称する漢字のみで書かれた写本が存在するほどである。 中世においてこの傾向はいっそう強く,《平家物語》《曾我物語》などの軍記物語の諸本においても真名本がみられる。…

※「真名本/真字本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真名本/真字本の関連キーワード寛永諸家系図伝鬼王・団三郎万葉仮名渋谷重国元服曾我曽我物語曾我物語虎御前神道集漢字真名

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android