コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真吹き/間吹き マブキ

デジタル大辞泉の解説

ま‐ぶき【真吹き/間吹き】

日本固有の製銅法の一。の中で溶解した銅の鈹(かわ)に、炉の羽口から高圧風を吹き送って不純物硫黄鉄分を酸化させ、粗銅を回収する方法。真吹き法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まぶき【真吹き】

中世後期に行われた製銅法。木炭粉末を粘土でこねて作った容器に銅の鈹かわを入れ、羽口はぐちから風を吹き込み、溶融して不純物を酸化させ粗銅を得る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真吹き
まぶき

ベッセマー法」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

真吹き/間吹きの関連キーワードぐち