羽口(読み)はぐち(英語表記)tuyere

翻訳|tuyere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽口
はぐち
tuyere

高炉溶鉱炉などの送風吹込み口。羽口面付近は中で最も高熱となる部分なので,環状の銅合金水冷函でつくり,中央のに送風ノズルを設置する。横断面が円形の高炉では炉容積に応じ周囲に 12~24本,長方形の銅溶鉱炉では側面に 0.7~1m間隔ぐらいに設置し,ノズル後方にのぞき孔をつけて炉内の状況を観察し,あるいは重油微粉炭などの補助燃料また水蒸気,酸素などの吹込み口とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

防府市歴史用語集の解説

羽口

 金属を溶かす時に風を送りこむふいご送風機)と炉[ろ]の間に取り付ける風を送る管です。土でできており、中心に風を通す穴があいています。炉にくっつけるものなので、先端に金属や精錬した時に出た精錬かすがついていることもあります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽口の関連情報