コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真太陽日(読み)シンタイヨウジツ

大辞林 第三版の解説

しんたいようじつ【真太陽日】

真太陽がある地点の子午線を通過してから、再びその子午線を通過するまでの時間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の真太陽日の言及

【暦】より

…まず日について述べる。太陽に対して地球が1回自転する周期,すなわち太陽が南中してから翌日また南中するまでが真太陽日である。太陽は赤道と23.5度傾いている黄道上を動く。…

【太陽日】より

…真太陽日と平均太陽日との総称。太陽が一地点の子午線を通過してから翌日再び通過するまでの時間間隔を真太陽日apparent solar dayという。…

【平均太陽日】より

…ある地点で太陽が南中してから翌日再び南中するまでの時間間隔を真太陽日という。真太陽日の長さは季節によって一定でなく,9月20日ころに最短で平均値より22秒短く冬至のころ最長で30秒長い。…

※「真太陽日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android