コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真性腫瘍 しんせいしゅようblastoma

翻訳|blastoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真性腫瘍
しんせいしゅよう
blastoma

芽細胞腫。自律的な発育,増殖を営む患者自身の組織の病的新生物をいう。腫瘍の病理学上の定義に一致する腫瘍 (癌) で,移植癌の大部分は除外される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone