コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真性腫瘍 しんせいしゅようblastoma

翻訳|blastoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真性腫瘍
しんせいしゅよう
blastoma

芽細胞腫。自律的な発育,増殖を営む患者自身の組織の病的新生物をいう。腫瘍の病理学上の定義に一致する腫瘍 (癌) で,移植癌の大部分は除外される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

真性腫瘍の関連キーワード神経皮膚症候群中耳腫瘍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android