コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真性腫瘍 しんせいしゅようblastoma

翻訳|blastoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真性腫瘍
しんせいしゅよう
blastoma

芽細胞腫。自律的な発育,増殖を営む患者自身の組織の病的新生物をいう。腫瘍の病理学上の定義に一致する腫瘍 (癌) で,移植癌の大部分は除外される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

真性腫瘍の関連キーワード神経皮膚症候群中耳腫瘍

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android