コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真猿 マサル

デジタル大辞泉の解説

ま‐さる【真猿】

サル古名。多く「勝(まさ)る」に掛けていう。
「大和なる姿の池にうきざるの―を君が影をこそ見れ」〈相如集〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まさる【真猿】

猿。和歌で「増さる」にかけて用いられる。 「こずゑにてわびしらになく声聞けばものの哀れの-なりけり/為忠百首 丹後守

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

真猿の関連キーワードピグミーマーモセットオカピ野生生物保護区オランウータンヨザル(夜猿)パラピテクスサル(猿)斎藤 緑雨メガネザルオナガザル化石霊長類新世界ザル旧世界ザル狭鼻猿類ヨザル原猿類類人猿平づめ真猿類霊長類霊長目

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android