コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エン

デジタル大辞泉の解説

えん【猿】[漢字項目]

常用漢字] [音]エン(ヱン)(漢) [訓]さる
〈エン〉動物の名。サル。「猿猴(えんこう)犬猿三猿野猿意馬心猿類人猿
〈さる(ざる)〉「猿芝居山猿
[補説]「猨」は異体字

さる【猿】

霊長目のうち、ヒト科を除いた哺乳類の総称。原始的な原猿、中南米の広鼻猿、アジア・アフリカの狭鼻猿類人猿の四つに大別される。ほとんどがオーストラリア以外の熱帯地方にすみ、ニホンザルはその北限の種。日本では、ふつうこれをさす。ましら。→日本猿

㋐ずるがしこい者や、物まねのじょうずな者などをあざけっていう語。
㋑野暮(やぼ)な人やまぬけな者をあざけっていう語。
雨戸などの上下の桟に取り付け、鴨居(かもい)敷居の穴に差し込んで戸締まりをする用具。
自在鉤(じざいかぎ)をつるす竹に取り付けて、自在鉤を上にあげて留めておく器具。
小さな紙片の四隅を折って括猿(くくりざる)のような形を作り、中央に穴をあけて凧(たこ)の糸に通し、凧の糸目の所まで上って行かせる仕掛けの玩具。
ミカンの実の一袋を髪の毛などでくくって、括猿の形をこしらえる遊び。
《浴客の垢(あか)をかく動作を猿が爪(つめ)で物をかくのになぞらえていう》江戸で、湯女(ゆな)のこと。風呂屋者。
江戸時代、上方で、岡っ引き目明かしのこと。
[下接語]心の猿竪(たて)猿真(ま)猿横猿(ざる)赤毛猿言わ猿送り猿尾長猿尾巻猿蟹(かに)食猿瓦(かわら)猿聞か猿狐(きつね)猿括(くくり)猿蜘蛛(くも)猿虚仮(こけ)猿小猿木の葉猿米搗(つ)き猿鹿(しか)猿千疋(せんびき)猿台湾猿手長猿天狗(てんぐ)猿日本猿幟(のぼり)猿人似(ひとに)猿日避(ひよけ)猿豚尾猿吠(ほえ)猿見猿眼鏡猿山猿栗鼠(りす)猿

まし【猿】

サルの古名。ましら。
「よもすがら嘆きあかせばあか月に―の一声聞くぞ悲しき」〈右京大夫集

ましら【猿】

別名
「大きな体躯(たいく)を―のように軽くもてあつかって」〈有島或る女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

猿【さる】

雨戸等の桟にとりつけ鴨居(かもい)・敷居等の穴に差しこんで戸締りとする木片。金属製には南京(ナンキン)落し,フランス落し等がある。上下に動くものを立返り猿,左右に動く猿を横返り猿という。
→関連項目建具金物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さる【猿】

霊長目に属する人類以外の動物の総称。顔に毛が少なく、手の指が発達し、すぐれた知能をもつ。狭義にはニホンザルをさす。古くから、神聖視され、馬の守護神とされた。ましら。
小利口な者をののしっていう語。 「 -まね」 「 -知恵」
戸の框かまちや桟に取り付ける木片あるいは金物で、敷居や鴨居かもい・柱などの穴にさしこみ、戸締まりをする仕掛け。
炉の自在鉤かぎの高さを調節する仕掛け。
江戸時代、風呂屋にいた遊女。湯女ゆなの異称。

まし【猿】

サル。ましら。 「 -、行け行け/狂言・靭猿 虎寛本

ましら【猿】

猿の雅語的表現。 「 -のごときすばやさ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

猿 (サル)

動物。ヒト以外の霊長類の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【サル(猿)】より

…ヒトにもっとも近縁な動物で,ヒトとともに哺乳綱霊長目をなす。もともとニホンザルを指すことばであったが,現在ではヒト以外の霊長類の総称として用いられ,狭義には,真猿類のオマキザル科とオナガザル科の種を指す。英語では,尾の長いサルをmonkey,尾のないサルをape,原猿類をlemur,またはprosimianといっている。…

※「猿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猿の関連キーワード見ざる・聞かざる・言わざる熊本県阿蘇郡南阿蘇村下野コモンマーモセット寄せ猿・寄猿ラミダス猿人小猿・子猿海月骨なし猿替勾当スイベル広鼻猿類住吉人形縒り戻し新世界猿旧世界猿モンキー古久波蔓猿飼ひ猿遣い猿子鳥こけ猿

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猿の関連情報