真珠茅(読み)しんじゅがや

精選版 日本国語大辞典の解説

しんじゅ‐がや【真珠茅】

〘名〙 カヤツリグサ科の多年草。高さ八〇~一二〇センチメートル。稈は三角形で太い地下茎から立ち上り、数枚の葉がある。葉身は幅の広い線形で先が長くとがり、長さ二〇~四〇センチメートル。基部は長さ約一〇センチメートルのゆるい葉鞘となる。夏から秋にかけて稈の先端に長さ約一〇センチメートルの円錐花序をつける。小穂の基部に長い葉状の苞がある。花の鱗片は赤褐色。径二~三ミリメートルの真珠に似た果実をつける。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android