真田幸教(読み)さなだ ゆきのり

  • 真田幸教 さなだ-ゆきのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1836*-1869 幕末の大名。
天保(てんぽう)6年12月13日生まれ。真田幸良(ゆきよし)の子。父が祖父真田幸貫(ゆきつら)に先だって死去したため,嘉永(かえい)5年祖父のをつぎ,信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田家9代。7年ペリー再来航時に横浜本牧の警衛を命じられ,のち江戸湾や京都御所南門の警備にもあたった。明治2年10月18日死去。35歳。初名は幸孝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android