真田幸教(読み)さなだ ゆきのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田幸教 さなだ-ゆきのり

1836*-1869 幕末の大名。
天保(てんぽう)6年12月13日生まれ。真田幸良(ゆきよし)の子。父が祖父真田幸貫(ゆきつら)に先だって死去したため,嘉永(かえい)5年祖父の跡をつぎ,信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田家9代。7年ペリー再来航時に横浜本牧の警衛を命じられ,のち江戸湾や京都御所南門の警備にもあたった。明治2年10月18日死去。35歳。初名は幸孝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android