コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田幸教 さなだ ゆきのり

美術人名辞典の解説

真田幸教

伊豆守・信濃守・右京大夫。幸貫の嫡孫。幼名幸孝。父幸良の早世により嘉永三年祖父の後継となる。文久三年英船にのり警備の任に当る。明治2年(1869)歿、35才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田幸教 さなだ-ゆきのり

1836*-1869 幕末の大名。
天保(てんぽう)6年12月13日生まれ。真田幸良(ゆきよし)の子。父が祖父真田幸貫(ゆきつら)に先だって死去したため,嘉永(かえい)5年祖父の跡をつぎ,信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田家9代。7年ペリー再来航時に横浜本牧の警衛を命じられ,のち江戸湾や京都御所南門の警備にもあたった。明治2年10月18日死去。35歳。初名は幸孝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例