警衛(読み)けいえい

精選版 日本国語大辞典「警衛」の解説

けい‐えい ‥ヱイ【警衛】

〘名〙 警戒し守ること。かためまもること。また、その役の人。警固
※続日本紀‐天平宝字元年(757)七月戊申「警衛内外諸門
渋江抽斎(1916)〈森鴎外〉一一「東西蝦夷地を警衛(ケイヱイ)することを命ぜられて」 〔後漢書‐譙伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「警衛」の解説

【警衛】けいえい(ゑい)

警戒しまもる。〔後漢書、独行玄伝〕~數(しばしば)を爲す。~玄、上書して諫めて曰く、~(そ)れ衞脩めずんば、則ち患は非常に生ぜん。~はくは陛下、~金玉のを愛(をし)め。

字通「警」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android