コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松代 まつしろ

7件 の用語解説(松代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松代
まつしろ

長野県北部,長野市南東部,千曲川右岸の旧町域。 1966年長野市と合体。戦国時代末に武田信玄が築いた海津城があり,近世は真田氏の居城となって,信濃国一の松代藩城下町として栄えた。明治以後は長野市の発展によって停滞したが,城下町の様相が残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

松代
まつだい

新潟県南部,東頸城丘陵にある十日町市北西部の旧町域。 1954年松代村と山平村が合体して町制。 1959年奴奈川村を編入。 2005年十日町市川西町,中里村,松之山町と合体して十日町市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつしろ【松代】

長野市南東部の地名。近世は真田(さなだ)氏の城下町。旧文武学校佐久間象山邸跡などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松代【まつしろ】

長野県長野市南部の一地区。埴科(はにしな)郡の旧町。中心の松代は松代藩真田氏の城下町,明治期には製糸業地として発達,長野電鉄,上信越自動車道が通じる。旧文武学校(史跡),地震観測所がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まつしろ【松代】

長野県長野市南部の地区名。埴科(はにしな)郡の旧町を,1966年長野市に編入。近世は松代藩の城下町。1560年(永禄3)ころ武田信玄が海津(かいづ)城を築き,後年松代城と改称した。1598‐1616年(慶長3‐元和2)の城主田丸直昌,森忠政,松平忠輝のもとで,城の拡張と城下町の形成が進んだ。城下町が完成したのは,松平忠昌酒井忠勝を経て,1622年に上田から移封した真田信之のときで,信之は家臣団の屋敷割りを行い,町人町を整えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつしろ【松代】

長野市南部の地名。近世、真田氏の城下町。第二次大戦中に建設された大本営の地下壕がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕松代(まつしろ)


長野市南部の地区。江戸時代は真田(さなだ)氏10万石の城下町として発展。往時の町並みをよく残し、真田邸や佐久間象山(さくましょうざん)邸、藩校の文武(ぶんぶ)学校などがある。1965年(昭和40)から群発地震が発生、第二次大戦中の大本営跡地に地震観測所が設置されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松代の関連キーワード長野県長野市上ケ屋長野県長野市長野西町長野県長野市西長野長野県埴科郡長野県長野市南高田長野県長野市南長野長野県長野市南長野県町長野県長野市南長野妻科長野県長野市南長野西後町長野県長野市南堀

松代の関連情報