コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松代 まつしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松代
まつしろ

長野県北部,長野市南東部,千曲川右岸の旧町域。 1966年長野市と合体。戦国時代末に武田信玄が築いた海津城があり,近世真田氏の居城となって,信濃国一の松代藩城下町として栄えた。明治以後は長野市の発展によって停滞したが,城下町の様相が残っている。国の史跡の海津城址 (松代城址) ,松代藩文武学校があるほか,佐久間象山神社,長国寺,西楽寺などがある。 1965年に起こった松代地震震源地で,第2次世界大戦末期に大本営の疎開に備えて掘られた地下壕が気象庁松代地震観測所となっている。

松代
まつだい

新潟県南部,東頸城丘陵にある十日町市北西部の旧町域。 1954年松代村と山平村が合体して町制。 1959年奴奈川村を編入。 2005年十日町市,川西町,中里村,松之山町と合体して十日町市となる。大部分を山地が占めるが,中央部を東流する信濃川の支流渋海川に沿い,わずかに平地がある。耕地は山腹に棚田状に開かれる。日本有数の豪雪地域。地すべり防止区域指定がある。古社の松苧 (まつお) 神社の本殿は国の重要文化財に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

松代【まつしろ】

長野県長野市南部の一地区。埴科(はにしな)郡の旧町。中心の松代は松代藩真田氏の城下町,明治期には製糸業地として発達,長野電鉄,上信越自動車道が通じる。旧文武学校(史跡),地震観測所がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつしろ【松代】

長野県長野市南部の地区名。埴科(はにしな)郡の旧町を,1966年長野市に編入。近世は松代藩の城下町。1560年(永禄3)ころ武田信玄が海津(かいづ)城を築き,後年松代城と改称した。1598‐1616年(慶長3‐元和2)の城主田丸直昌,森忠政松平忠輝のもとで,城の拡張と城下町の形成が進んだ。城下町が完成したのは,松平忠昌酒井忠勝を経て,1622年に上田から移封した真田信之のときで,信之は家臣団の屋敷割りを行い,町人町を整えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつしろ【松代】

長野市南部の地名。近世、真田氏の城下町。第二次大戦中に建設された大本営の地下壕がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕松代(まつしろ)


長野市南部の地区。江戸時代は真田(さなだ)氏10万石の城下町として発展。往時の町並みをよく残し、真田邸や佐久間象山(さくましょうざん)邸、藩校の文武(ぶんぶ)学校などがある。1965年(昭和40)から群発地震が発生、第二次大戦中の大本営跡地に地震観測所が設置されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

松代の関連キーワード真田騒動/恩 田 木 工島根県大田市久利町松代長野県長野市松代町松代じょんのびの里高柳精密地震観測室松代(新潟県)松代(長野県)小平甚右衛門松代群発地震長谷川 昭道真田宝物館大里忠一郎真田 しん関山仙太夫武道初心集真田 淑子真田 幸民長野[市]海沼義武森大学助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松代の関連情報