コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真砥野媛 まとのひめ

1件 の用語解説(真砥野媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真砥野媛 まとのひめ

記・紀にみえる垂仁(すいにん)天皇の妃。
日本書紀」によると狭穂(さほ)姫の遺言により妃とした丹波道主命(たんばのみちぬしのみこと)の娘5人のうちの第3女という。「古事記」には円野比売命とあり,みにくいので国元にかえされたのをはじて,途中の山代(京都府)相楽(さがらか)で自殺をはかり,乙訓(おとくに)にいたったとき深淵におちて死んだという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真砥野媛の関連キーワード薊瓊入媛五十日足彦命胆武別命磐衝別命迦具夜比売命綺戸辺苅幡戸辺鐸石別命渟葉田瓊入媛両道入姫命