深淵(読み)しんえん

精選版 日本国語大辞典「深淵」の解説

しん‐えん【深淵】

〘名〙
① 川などの深い所。深潭(しんたん)。比喩的にも用いる。
※続日本紀‐養老七年(723)九月己卯「伏惟、芳餌之末、必繋深淵之魚、重祿之下、必致忠節之臣
※金(1926)〈宮嶋資夫〉八「没落の深淵(シンヱン)から救はれたのも」 〔書経‐湯誥〕
② (形動) 物事の奥深いこと。また、そのさま。
※本朝文粋(1060頃)三・弁山水〈橘直幹〉「探奥義於深淵、黄河之流横注」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「深淵」の解説

しん‐えん【深×淵】

深いふち。深潭(しんたん)。
奥深く、底知れないこと。「孤独の深淵に沈吟する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android