真鍋嘉一郎(読み)まなべ かいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋嘉一郎 まなべ-かいちろう

1878-1941 明治-昭和時代前期の物療内科学者。
明治11年8月8日生まれ。44年ドイツに留学し,物理療法を研究。大正15年東京帝大教授。日本のレントゲン学,温泉療法開拓者。日本内科学会会頭。日本レントゲン学会会長。昭和16年12月29日死去。64歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まなべかいちろう【真鍋嘉一郎】

1878~1941) 医学者。愛媛県生まれ。東大教授。ドイツに留学し、内科物理療法学を日本に導入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android