眠り流し(読み)ネムリナガシ

デジタル大辞泉「眠り流し」の解説

ねむり‐ながし【眠り流し】

睡魔を払う行事。主として七夕たなばた行事として、水浴をしたり、形代かたしろなどを模型船や灯籠笹竹などにのせて川・海に送り流したりする。東北地方に盛んであるが、北陸・九州などにもみられる。ねぶとながし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の眠り流しの言及

【竿灯】より

…秋田県秋田市の七夕行事。1890年ごろ竿灯と称する以前は〈眠り流し〉と呼ばれ,夏に体のけがれや睡魔を水に流し払って活力を取りもどそうという習俗から生まれたものという。今日では観光行事化しており,8月5~7日の3日間行われる。…

※「眠り流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android