コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠り流し ネムリナガシ

デジタル大辞泉の解説

ねむり‐ながし【眠り流し】

睡魔を払う行事。主として七夕(たなばた)行事として、水浴をしたり、形代(かたしろ)などを模型船や灯籠笹竹などにのせて川・海に送り流したりする。東北地方に盛んであるが、北陸・九州などにもみられる。ねぶとながし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねむりながし【眠り流し】

はらえの形代かたしろを流して夏の睡魔を払う行事。東北地方で盛んであるが、各地にみられる。七夕流しの行事として行われることが多い。おねんぶり。ねぶり流し。ねぶと流し。ねむった流し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の眠り流しの言及

【竿灯】より

…秋田県秋田市の七夕行事。1890年ごろ竿灯と称する以前は〈眠り流し〉と呼ばれ,夏に体のけがれや睡魔を水に流し払って活力を取りもどそうという習俗から生まれたものという。今日では観光行事化しており,8月5~7日の3日間行われる。…

※「眠り流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

眠り流しの関連キーワード盆(先祖祭り)竿灯・竿燈国造神社厄払いねぶた睡魔竿灯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眠り流しの関連情報