コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯籠 とうろう

6件 の用語解説(灯籠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灯籠
とうろう

日本古来の戸外照明用具。竹,木,石,金属などの枠に紙や布を張って,中に火をともす。日本では神仏に対する献灯のためにつくられ,古くは仏殿の手前に置かれた。これは青銅や石のものが多く,火袋に比べて台が長いのが特徴である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐ろう【灯籠】

灯明を安置するための用具。古くインドでは竹や瓦で作られたらしいが、日本では青銅製や石造のものが多い。台灯籠・釣り灯籠があり、現在は多く装飾用。盂蘭盆(うらぼん)には切り子灯籠の類が用いられる。 秋》「―にしばらく残る匂ひかな/林火

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

灯籠【とうろう】

灯火具の一種。仏前荘厳(しょうごん)具として中国大陸から伝来し,のち庭園の景物として用いられている。材料から石灯籠,金灯籠,木灯籠,形態から台灯籠,釣灯籠に分類。
→関連項目回り灯籠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうろう【灯籠】

戸外用の灯火器。風から守るため,火炎部を囲う構造(火袋)をもつ。灯楼などとも書く。主として室内で用いる燭台,灯台,雪洞(ぼんぼり),行灯(あんどん),ランプ,また携帯用の龕灯(がんどう),提灯(ちようちん)などとは区別する。原形は,中国大陸から朝鮮半島を経て,仏教とともに伝来した。材質の違いから木灯籠,陶灯籠,金灯籠,石灯籠があり,形状の違いから台灯籠(置灯籠,立灯籠),釣灯籠がある。置灯籠(図1)を構成する基本的な部材は,下から基礎,竿,中台,火袋,笠,宝珠の6部材。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

とうろう【灯籠】

屋外に設置する照明具の一つ。置いて使う台灯籠と、吊るして使う吊(釣)り灯籠に大別され、用材は石・木・竹・金属など。神仏への献灯、庭園灯などの目的で用いられる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灯籠
とうろう

照明具の一つ。灯楼とも書く。大別すると台灯籠と釣(つり)灯籠に分かれ、それぞれ、木製、石製、銅製、鉄製などの種類がある。台灯籠には立(たち)灯籠と置(おき)灯籠、釣灯籠には下げ灯籠と懸(かけ)灯籠がある。灯籠は神仏に灯明を献ずるためや、交通の照明としてのほか、庭園内では鑑賞のための庭灯籠が置かれた。
 現存する石灯籠として古いものでは、奈良・當麻(たいま)寺金堂前にある奈良時代の凝灰岩のものや、奈良・春日(かすが)大社の平安時代の花崗(かこう)岩のものが有名である。石灯籠の台座だけは奈良・飛鳥(あすか)寺で飛鳥時代創建時の大理石の台座が出土している。銅製のものでは奈良・東大寺大仏殿前の奈良時代の銅灯籠、奈良・興福寺南円堂前の平安時代の銅灯籠が著名である。また、古い釣灯籠には、奈良・東大寺の鎌倉時代の鉄灯籠や広島・厳島(いつくしま)神社の南北朝の銅灯籠がある。
 台灯籠は宝珠、笠(かさ)、火袋(ひぶくろ)、中台(ちゅうだい)、竿(さお)、台座からなる。置灯籠では竿以下が省略されるものもある。立灯籠では宝珠下に受花(うけばな)をつくるもの、笠の隅が蕨手(わらびて)となるもの、火袋が四角形や八角形のもの、中台下に受花、台座上に反花(かえりばな)を刻むものをはじめ、竿も角形・円形があり、覆輪(ふくりん)や紐(ひも)を巡らす節(ふし)をつけるものなど、多様である。その代表的なものの所在する場所名を付して、般若寺(はんにゃじ)形、元興寺(がんごうじ)形、三月堂形、太秦(うずまさ)形、柚(ゆ)の木(き)形、西の屋形、奥の院形、蓮華寺(れんげじ)形、善導寺形などがある。庭灯籠にはそれを愛用した人名をとり、珠光(じゅこう)形、利休(りきゅう)形、遠州(えんしゅう)形、織部(おりべ)形などがあり、形態によって蛍(ほたる)灯籠、雪見(ゆきみ)灯籠などの種類がある。釣灯籠は宝珠、吊輪(つりわ)、笠、火袋、受台、脚からなり、火袋には透(すかし)彫りが施され華麗なものが多い。
 交通の便を図ってつくられた灯籠としては、香川・金刀比羅宮(ことひらぐう)北神苑の高灯籠、滋賀・大津琵琶(おおつびわ)湖畔の常夜灯が巨大なものとして知られている。[工藤圭章]
『中村昌生・西澤文隆監修『日本庭園集成 燈籠』(1985・小学館) ▽川勝政太郎著『日本石造美術辞典』(1978・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯籠の関連キーワード掩壕海壁軽火器法の灯・法の灯火・法の燈・法の燈火闇夜の灯火掩護青灯竹の灯火法の灯外装材

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灯籠の関連情報