コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼内異物 がんないいぶつ intraocular foreign bodies

1件 の用語解説(眼内異物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼内異物
がんないいぶつ
intraocular foreign bodies

外界から飛んできた異物 (鉄片など) が角膜あるいは強膜を貫いて眼内に入り,残留したもの。位置により,前房内異物,水晶体内異物,硝子体内異物などに分けられる。異物が鋭く飛込んだときには,眼球壁を二重穿孔して眼窩内に出ることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼内異物の関連キーワード器質化鉄片飛んで火に入る夏の虫ぴゅうぴゅう異物肉芽腫飛降りる飛んでるできた できた できた燃えながら飛んだよ!熱力学の第一法則

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone