コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼内異物 がんないいぶつintraocular foreign bodies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼内異物
がんないいぶつ
intraocular foreign bodies

外界から飛んできた異物 (鉄片など) が角膜あるいは強膜を貫いて眼内に入り,残留したもの。位置により,前房内異物,水晶体内異物,硝子体内異物などに分けられる。異物が鋭く飛込んだときには,眼球壁を二重穿孔して眼窩内に出ることもある。異物の検索にはX線のほか,超音波検査や CTスキャンが行われる。異物が鉄片では眼球鉄症,銅片では眼球銅症を起し,異物とともに細菌が入れば全眼球炎を起して,いずれも放置すると失明する。細菌感染に対しては抗生物質を投与し,鉄片は磁石で摘出を試みる。ガラス片などはむりに摘出しなくともさしつかえないが,穿孔性外傷なので,外傷後3週間ないし3ヵ月で発症する交感性眼炎に注意を要する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android