異物(読み)いぶつ

精選版 日本国語大辞典「異物」の解説

い‐ぶつ【異物】

〘名〙
① そのものと関係のない別個のもの。
※竹園抄(13C後)「かぜの歌は思ふ事を異物にあたりてよりあらはす歌也」 〔管子‐小匡〕
② 非日常的なもの。違和感を与えるような奇異なもの。連歌論に多く見られる。
※連理秘抄(1349)「異物、常に用ゐざる所の鬼風情の物也」
③ 死体。屍(しかばね)。または、あの世のもの。幽鬼。
※南郭先生文集‐二編(1737)九・答富春叟「東壁已異物、先生亦此下世」
④ その本来の組織と性格を異にするもの。
(イ) 体外からはいる食物以外のもの。針、魚骨など。また、体内に発生する異常な組織。癌(がん)、結石など。
※医語類聚(1872)〈奥山虎章〉「Allotriuria 尿中異物」
(ロ) ごみ、ほこりなど。
歩兵操典(1928)第二二三「機能上故障の起因たるべき要部を検し〈略〉若は異物の介在し易き部分の手入を行ひ」

いな【異】 物(もの)

(連体詞「いな」に形式名詞「もの」が付いたもの) 普通では考えられないもの。変なもの。妙な具合。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)夢路のこま「縁はいな物其の時に、起請一枚書かねども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異物」の解説

い‐ぶつ【異物】

普通とは違ったもの。違和感を与える奇異なもの。
体内に入ってきて、または体内に発生して、周囲の体組織になじまないもの。「目に異物が入る」「腹部の異物を摘出する」
死体。死骸(しがい)。
「忽ち―と為って、木石と異なること無し」〈童子問・中〉

こと‐もの【異物/異者】

別の物。ほかの物。また、別の人。
「あはれなる手など弾き給へるに、―の声どもは止(や)めて」〈須磨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android