コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異物(読み)イブツ

デジタル大辞泉の解説

い‐ぶつ【異物】

普通とは違ったもの。違和感を与える奇異なもの。
体内に入ってきて、または体内に発生して、周囲の体組織になじまないもの。「目に異物が入る」「腹部の異物を摘出する」
死体。死骸(しがい)。
「忽ち―と為って、木石と異なること無し」〈童子問・中〉

こと‐もの【異物/異者】

別の。ほかの物。また、別の人。
「あはれなる手など弾き給へるに、―の声どもは止(や)めて」〈須磨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぶつ【異物】

体内に入った食物以外の物。また、体内で発生した癌がん・結石など正常機能に障害を起こすもの。
普通とは違ったもの。怪しいもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異物の関連情報