眼間・目交(読み)まなかい

  • まなかい ‥かひ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (目(ま)の交(か)いの意) 目と目の間。転じて、目の前。まのあたり。
※万葉(8C後)五・八〇二「何処より来りしものぞ 麻奈迦比(マナカヒ)に もとな懸りて 安寝し為さぬ」
[補注]「かひ」については、「山のかひ」「潮かひ」といった上代語があるところから、「交ふ」という動詞とは無関係な「間」の意の名詞と考える説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android