コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着茣蓙 キゴザ

デジタル大辞泉の解説

き‐ござ【着××蓙】

夏に、旅行者や登山者などが、日光・雨露を防ぐために身につけて用いたござ。 夏》「粟の草取るや―に風もなく/温亭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きござ【着茣蓙】

ござで作った合羽カツパのようなもの。雨や日光を防ぐために、夏、旅行者や登山者などが用いる。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の着茣蓙の言及

【ござ(茣蓙∥御座)】より

…茣蓙の主産地は広島,岡山,熊本,福岡などである。茣蓙を用いた民具に着(き)茣蓙という日よけの背蓑や,小児の雨具の茣蓙帽子がある。江戸初期まで船に用いた茣蓙帆は,筵製が多かった。…

※「着茣蓙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

着茣蓙の関連キーワード茣蓙

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android