コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着陸料 チャクリクリョウ

デジタル大辞泉の解説

ちゃくりく‐りょう〔‐レウ〕【着陸料】

民間航空機が一回の着陸ごとに空港に支払う、空港使用料。航空機の重量などを基準に空港ごとに設定する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくりくりょう【着陸料】

航空機が空港に着陸する際に、航空会社が空港に対して支払う利用料金。空港着陸料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

着陸料の関連キーワード関西エアポート(株)空港整備特別会計地方譲与税民間航空機運営権売却負担と利益空港運営権空港民営化空港経営ハブ空港関西空港

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着陸料の関連情報