瞻部洲・贍部洲(読み)せんぶしゅう

精選版 日本国語大辞典「瞻部洲・贍部洲」の解説

せんぶ‐しゅう ‥シウ【瞻部洲・贍部洲】

〘名〙 仏語須彌山(しゅみせん)方海上にあるという大陸の名。南にあるので南瞻部洲といい、人間の住む所をいう。せんぶ。閻浮提(えんぶだい)
万葉(8C後)五・沈痾自哀文「内教云、瞻浮州人寿百二十歳。謹案此数非必不一レ此」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android