コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閻浮提 えんぶだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閻浮提
えんぶだい

サンスクリット語 Jambu-dvīpaの音写,えん浮洲,閻浮提へい波,贍部洲などともいわれ,穢洲,勝金洲などの漢訳もある。古代インドの宇宙説において世界の中心とされている須弥山 (しゅみせん) の南方に位する大陸で,四大洲の一つ。北に広く南に狭い地形で縦横 7000由旬 (ゆじゅん) あるといわれる。インドの地形に基づいて考えられたが,のちにはこの人間界全体をさすようになった。閻浮提には,大国 16,中国 500,小国 10万が存在するといわれ,仏縁に恵まれていることにおいては,この洲が第一であるとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えんぶ‐だい【×閻浮提】

《〈梵〉Jambu-dvīpaの音写》仏教の世界観で、人間世界のこと。この世。現世。世界の中心である須弥山(しゅみせん)四方にある大陸のうち、南方にあり、閻浮樹が生えているとされ、もとはインドをさした。閻浮洲(えんぶしゅう)。南閻浮提南贍部洲(なんせんぶしゅう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんぶだい【閻浮提】

仏教宇宙観にあらわれる洲(大陸)の名称。贍部洲(せんぶしゆう)ともいう。サンスクリットjambudvīpa。閻浮,贍部はjambuの音訳語で,提と洲はdvīpaのそれぞれ音訳語および意訳語である。世界の中心〈須弥山〉の南方,大海中に位置する。閻浮の名はここに生えるジャンブ樹(jambu,学名Eugenia jambolana)に由来し,南方にあるので〈南贍部洲〉とも呼ばれる。形はほぼ三角形に近い台形で,底辺を北にして横たわる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんぶだい【閻浮提】

四洲ししゆうの一。須弥山の南方の海上にあるという島の名。島の中央には閻浮樹えんぶじゆの森林があり、諸仏が出現する島とされた。もとはインドをさしたが、その他の国をもいい、また人間世界・現世をさすようになった。閻浮洲。南閻浮提。南閻浮洲。南瞻部せんぶ洲。瞻部洲。瞻部。閻浮。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閻浮提
えんぶだい

サンスクリット語のジャンブ・ドゥビーパJambu-dvpaに相当する俗語形からの音写語で、ほかに浮洲(えんぶしゅう)、贍部洲(せんぶしゅう)とも音訳される。ジャンブ樹jambuすなわちフトモモの木rose-apple treeの繁茂する島(ドゥビーパdvpa)の意で、インドのことをいい、ひいては人間界のことをさす。仏教の世界観を組織的に叙述する『倶舎論(くしゃろん)』世間品(せけんぼん)によれば、外海中に須弥山(しゅみせん)をぐるりと囲んで四大洲があり、須弥山に向かって東には半月形の毘提訶洲(びだいかしゅう)(ビデーハ・ドゥビーパvideha-dvpa)、南に贍部洲(それで閻浮提を単に南洲ともいう)、西に満月形の牛貨洲(ごかしゅう)(ゴーダーニーヤ・ドゥビーパgodnya-dvpa)、北に方座形の倶盧洲(くるしゅう)(クル・ドゥビーパkuru-dvpa)があるといわれる。閻浮提は、3辺がおのおの2000由旬(ゆじゅん)(ヨージャナ。1ヨージャナは約7キロメートル)、残りの1辺がわずかに3.5由旬で、車のような形をしており、要するにインド亜大陸のことを示している。なおこの中央には、金剛座が屹立(きつりつ)し、そこで菩薩(ぼさつ)たちが金剛喩定(ゆじょう)(すべての煩悩(ぼんのう)を断ち切る堅固な心)を修習すると説かれている。[高橋 壯]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

閻浮提の関連キーワード世界(the world)サンスクリット語四州・四洲南瞻部洲南閻浮洲閻浮果報毘沙門天無二無三弥勒菩薩世界図金輪際忉利天鉄輪王瞻部洲海上下生諸仏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android