矢の使い(読み)ヤノツカイ

デジタル大辞泉の解説

矢(や)の使(つか)い

度々来る急ぎの使い。
「此の事を聞きて、―をたてたりけるこそ難義なれ」〈・是楽物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

や【矢】 の 使(つか)

頻繁(ひんぱん)な催促の使い。また、至急を告げる使者。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※仮名草子・是楽物語(1655‐58)上「此事をききて、やのつかひをたてたりけるこそ難義なれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android