至急(読み)しきゅう

精選版 日本国語大辞典「至急」の解説

し‐きゅう ‥キフ【至急】

〘名〙
① (形動) 非常に急ぐこと。大急ぎ。また、事態が非常にさし迫っているさま。〔日誌字解(1869)〕
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「『只今から出立しませうぢゃないか』『余り急ですな』」 〔後漢書‐劉陶伝〕
② 「しきゅうでんぽう(至急電報)」の略。また、その指定をするもの。
※電報規則(明治三三年)(1900)第九条「至急 ウナUR」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「至急」の解説

【至急】しきゆう(きふ)

最も切実なこと。〔後漢書、劉陶伝〕(けだ)しは百年(幣)(なか)るべきも、一(うゑ)るべからず。故にを至と爲すなり。議する農殖の本にせず、多く鑄冶(ちうや)のを言ふ。

字通「至」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android