コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢島治明 やじま はるあき

2件 の用語解説(矢島治明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島治明 やじま-はるあき

1925- 昭和後期-平成時代の薬学者。
大正14年7月30日生まれ。アメリカピッツバーグ助教授をへて,昭和48年京大教授となる。平成元年新潟薬大学長。ペプチド合成の新手法を開発し,ウシのリボヌクレアーゼA合成の研究で,昭和57年学士院賞。兵庫県出身。京大卒。著作に「生体化学情報伝達物質―ペプタイド・アミン」(共著)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢島治明
やじまはるあき
(1925― )

薬学者。薬学博士。兵庫県出身。京都大学医学部薬学科卒業。大阪大学薬学科助手を経て1957年アメリカ、ピッツバーグ大学生化学教室に留学、1960年同大学準教授となり、教授ホフマンKlaus Hofmann(1911―1995)のACTH(副腎(ふくじん)皮質刺激ホルモン)の活性トリコサペプチド合成に協力、成功した。1962年(昭和37)京都大学薬学部助教授を経て1973年教授昇任。1989年(平成1)新潟薬科大学学長に就任。1964年「ACTHの研究」で日本薬学会学術賞、1977年「生物活性ペプチドの合成研究」で有機合成化学協会賞を受賞。1980年アメリカ国立健康研究所国際学者奨学金を受けた。1982年「液相法によるウシのリボヌクレアーゼAの全合成と結晶化に関する研究」により日本学士院賞を受賞。京都大学薬学部長、日本学術会議会員、日本薬学会会頭、国際ペプチド蛋白(たんぱく)質雑誌審査委員などを歴任した。[根本曽代子]
『矢島治明・瀬川富朗著『生体化学情報伝達物質 ペプタイド・アミン』(1983・同朋舎出版) ▽矢島治明・広部雅昭編『医薬品合成化学 学生版』(1990・廣川書店) ▽矢島治明他編『廣川タンパク質化学』全11巻(1993~2006・廣川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢島治明の関連キーワード池原森男宇井理生大塚栄子古賀憲司柴崎正勝清水博(2)辰野高司中嶋暉躬伴義雄三井幸雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone