矢延平六(読み)やのべ へいろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢延平六 やのべ-へいろく

1610-1685 江戸時代前期の武士,治水家。
慶長15年生まれ。讃岐(さぬき)高松藩士。初代藩主松平頼重(よりしげ)につかえ,讃岐平野に新池(しんいけ),仁池(にいけ)などの溜め池を多数つくり,干害をふせいだ。平六をまつった新池神社の「ひょうげ祭り」が知られる。貞享(じょうきょう)2年7月1日死去。76歳。名は叶次(やすつぐ),可次。通称は伝六とも。は矢野部ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android