知らぬ世(読み)シラヌヨ

デジタル大辞泉の解説

しらぬ‐よ【知らぬ世】

[連語]
過去。昔。
「―の夢の行くへも尋ねみん物いひかはせ軒の橘」〈藤川五百首〉
死んだのちの世。来世。
「―の深き煙(けぶり)も晴れぬらん雲ゐる寺を出づる光に」〈夫木・三四〉
見知らぬ土地。遠い所。
「覚えぬ罪に当り侍りて、―にまどひ侍りしを」〈朝顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらぬよ【知らぬ世】

見知らぬ時代。
過去の時代。前世。 「 -の遠きをしのぶ道もあらじあへるを時と君に仰ぎて/三十六番歌合」
未来。来世。 「 -を思ふもつらき目の前にまたなげき積むのちの煙よ/拾遺愚草」
知らない所。遠隔の地。 「覚えぬ罪にあたり侍りて、-にまどひ侍りしを/源氏 朝顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android