コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来世 らいせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来世
らいせ

多くの宗教で描かれている死後の世界およびそこでの生活。現世に対する語。人は死後まったくの無に帰するのではなく,なんらかの形で生前の人格とつながりをもつ存在となってよみがえり,生者の住む日常的世界とは異質の世界において,新たな生活をおくるという再生信仰と結びついた観念表象である。古代から諸民族の間でさまざまな来世が思惟されてきたが,たとえば,天上,山,海,島,地下などに想定されていることが多い。来世と現世との関係は,未開宗教ほど密接であり,そこでは,来世は現世との交流が可能な,連続的世界と信じられていることが多い。それに対し,より高度の宗教では,両世界は死を媒介にして初めて接触し合える絶対的に断絶した世界とみなされ,特に応報観念によって来世が倫理的に数種に区別されることがある。来世観は,生命の存続に対する人間の強い欲望に基づくもので,これを欠く民族はきわめてまれである。 (→終末論 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らい‐せ【来世】

仏語。三世(さんぜ)の一。死後に行く次の世。後世(ごせ)。後生(ごしょう)。未来世。らいせい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らいせ【来世】

〘仏〙 三世の一。未来世の略。死後、生まれかわって住む世。後生ごしよう。後世ごせ。来生らいしよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

来世の関連キーワード最期の一念は善悪の生を引く善悪の生を引く夫婦は二世後世を弔う二世を契る当来の導師師弟は三世善所・善処二世の契り二世の夫後生善所未了の因現世主義後生願ひ後生一生来来世世後生菩提未来際過現未又の世

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来世の関連情報