コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来世 らいせ

3件 の用語解説(来世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来世
らいせ

多くの宗教で描かれている死後の世界およびそこでの生活。現世に対する語。人は死後まったくの無に帰するのではなく,なんらかの形で生前の人格とつながりをもつ存在となってよみがえり,生者の住む日常的世界とは異質の世界において,新たな生活をおくるという再生信仰と結びついた観念表象である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

らいせ【来世】

〘仏〙 三世の一。未来世の略。死後、生まれかわって住む世。後生ごしよう。後世ごせ。来生らいしよう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

来世の関連情報