知的援助(読み)ちてきえんじょ(英語表記)intellectual aid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知的援助
ちてきえんじょ
intellectual aid

研究協力や情報提供など,途上国発展に必要な戦略づくりにかかわる経済協力。知的ノウハウだけでなく,研究能力など自立的発展のための基盤づくりにも貢献できる援助形態。途上国の発展にとって経済社会の実態の正確な把握,分析,これに基づく発展戦略づくりがますます重要となってきている。このような点についての途上国自身の力を向上させるため,途上国の研究機関との共同研究,研究助成,経済開発計画づくりへの寄与,経済協力基盤ネットワークを通じた日常的情報ノウハウの提供・交換など,知的援助の重要性が高まってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android