知覚中枢(読み)ちかくちゅうすう

精選版 日本国語大辞典の解説

ちかく‐ちゅうすう【知覚中枢】

〘名〙 感覚を受けとめる最高次の中枢。大脳皮質の後中心回付近にある。
※善の研究(1911)〈西田幾多郎〉一「逐に知覚中枢を本とするのと運動中枢を本とするのと両種の体系ができるやうになる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知覚中枢の関連情報