コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短日処理 タンジツショリ

大辞林 第三版の解説

たんじつしょり【短日処理】

自然光を遮閉して日照制限し、一日の暗期を長くすることで開花を促すこと。短日植物に対して施す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の短日処理の言及

【春化処理】より

…芽が活動していない完熟した乾燥種子では低温の効果はないが,親植物の上で登熟中のコムギ,オオムギ,ソラマメ,エンドウ,ダイコンなどの種子では低温に感応する。 以上のように低温によって植物の出穂(抽だい)・開花が促進されるほかに,幼植物を短日処理(一日の日長時間を遮光によって短くすること)することによって同様な促進がみられることがあり,前者の低温春化に対して後者を短日春化と呼んでいる。
[種子春化]
 種子春化には種子の吸水が前提となる。…

※「短日処理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

短日処理の関連キーワード光周性(こうしゅうせい)シャコバサボテン日長調節栽培カランコエ遮光栽培短日植物自然光日照開花キク

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android