コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短日処理 タンジツショリ

4件 の用語解説(短日処理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんじつ‐しょり【短日処理】

短日植物を早期開花させるために、遮光して日長を短くすること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんじつしょり【短日処理】

自然光を遮閉して日照制限し、一日の暗期を長くすることで開花を促すこと。短日植物に対して施す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の短日処理の言及

【春化処理】より

…芽が活動していない完熟した乾燥種子では低温の効果はないが,親植物の上で登熟中のコムギ,オオムギ,ソラマメ,エンドウ,ダイコンなどの種子では低温に感応する。 以上のように低温によって植物の出穂(抽だい)・開花が促進されるほかに,幼植物を短日処理(一日の日長時間を遮光によって短くすること)することによって同様な促進がみられることがあり,前者の低温春化に対して後者を短日春化と呼んでいる。
[種子春化]
 種子春化には種子の吸水が前提となる。…

※「短日処理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone