被覆(読み)ひふく

精選版 日本国語大辞典「被覆」の解説

ひ‐ふく【被覆】

〘名〙 おおいかぶせること。また、おおいつつむもの。ひふ。ひふう。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉一「太陽の表面に見はるる黒色の斑点は、内部にありて暗体を被する所の、光輝雰囲気の拆裂して、実体其真面を現する者なりと云ふ」

ひ‐ふう【被覆】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「被覆」の解説

ひ‐ふく【被覆】

[名](スル)物の表面におおいかぶせること。また、そのもの。「絶縁体で被覆したケーブル
[類語]包むくるむくるめる覆う覆いかぶせる被せる掛けるおっかぶせるパックする上包み覆いカバー包装包み外装荷造り荷拵えパッキング梱包パッケージラッピング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「被覆」の解説

ひふく【被覆 cover】

数学用語。Xを集合とし,={Aλ;λ∈Λ}をXの部分集合Aλの集りとする。Xのどの元もあるAλに属するならば,Xの被覆という。このとき,Λが有限集合ならば有限被覆といい,X位相空間で各Aλ開集合(または閉集合)ならば開被覆(または閉被覆)という。例えば,nは整数全体をうごくとして,開区間(n,n+2)を考えるならば,これらの全体は数直線Rの開被覆となり,同様に,閉区間[n,n+1]を考えるならば,これらの全体はRの閉被覆となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android