コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被覆(読み)ヒフク

世界大百科事典 第2版の解説

ひふく【被覆 cover】

数学用語。Xを集合とし,={Aλ;λ∈Λ}をXの部分集合Aλの集りとする。Xのどの元もあるAλに属するならば,Xの被覆という。このとき,Λが有限集合ならばを有限被覆といい,Xが位相空間で各Aλが開集合(または閉集合)ならばを開被覆(または閉被覆)という。例えば,nは整数全体をうごくとして,開区間(n,n+2)を考えるならば,これらの全体は数直線Rの開被覆となり,同様に,閉区間[n,n+1]を考えるならば,これらの全体はRの閉被となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひふく【被覆】

( 名 ) スル
おおいかぶせること。ひふう。 「銅線をビニールで-する」 「 -線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被覆の関連情報