コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短期資本取引 たんきしほんとりひきshort-term capital transactions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短期資本取引
たんきしほんとりひき
short-term capital transactions

対外資本取引のうち債権,債務の期間が1年以内のものをいう。期間に定めがないものでも短期的性格を有する資産,負債の取引はこのなかに含まれる。日本の国際収支表短期資本収支に計上されるのは,民間非金融機関居住者の行う短期資本取引であるが,それは主として財の輸出入に伴う貿易信用の授受から成る。その資産の内容は延払輸出信用,輸入前払金,負債面は輸出前受金および輸入信用などである。通貨当局と外国為替銀行の行う短期資本取引は,上記とは別に金融勘定に計上される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

短期資本取引の関連キーワード資本収支

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android