短水路(読み)タンスイロ

大辞林 第三版の解説

たんすいろ【短水路】

水路の長さが50メートル 未満、25メートル 以上の競泳用プール。狭義には、25メートル のプールをさす。同距離の競泳の場合、長水路に比べターンが多くなることから好記録が生まれやすく、長水路とは独立した公式記録をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐すいろ【短水路】

〘名〙 水泳で、五〇メートル未満、二五メートル以上の長さのプール。このプールで作られた世界記録は、公認されない。⇔長水路
※安吾巷談(1950)〈坂口安吾〉世界新記録病「お前さんも、短水路で記録会をやるがいいじゃないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短水路の関連情報