短水路(読み)タンスイロ

デジタル大辞泉の解説

たん‐すいろ【短水路】

競泳用プールで、水路の長さが25メートル以上、50メートル未満のもの。一般には25メートルのプールをいう。同距離の長水路と比べた場合、ターンが多くなるために好記録が生まれやすい。⇔長水路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんすいろ【短水路】

水路の長さが50メートル 未満、25メートル 以上の競泳用プール。狭義には、25メートル のプールをさす。同距離の競泳の場合、長水路に比べターンが多くなることから好記録が生まれやすく、長水路とは独立した公式記録をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短水路の関連情報