矯正院(読み)キョウセイイン

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうせい‐いん ケウセイヰン【矯正院】

〘名〙 少年院の旧称。大正一一年(一九二二)矯正院法に基づいて設置され、少年審判所から送致された少年を収容し、矯正教育を行なった。昭和二三年(一九四八)廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の矯正院の言及

【少年院】より

…日本では明治期にまず民間の主導で感化教育が始められ,内務省がこれを推進して私立および公立の感化院が設けられた。しかし大正期には,司法省も少年法の制定に努力し,1922年旧少年法とともに矯正院法を制定して,矯正院を発足させた。これが少年院の前身である。…

※「矯正院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android