コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矯正教育 きょうせいきょういく correctional education

5件 の用語解説(矯正教育の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矯正教育
きょうせいきょういく
correctional education

広義には,誤った行動を正常に導くための教育,狭義には,非行や犯罪を犯した者を矯正して社会に復帰させる教育を意味する。広義の場合は学校や家庭をはじめ社会の各場面で行なわれるが,狭義のものは刑務所少年院などの特別な施設で行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうせい‐きょういく〔ケウセイケウイク〕【矯正教育】

犯罪や非行のような社会的不適応を示す者を矯正し、社会に復帰させる教育。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうせいきょういく【矯正教育】

広義には,刑務所等の矯正施設において,犯罪者に対してなされる教育を指すが,狭義には,少年院において非行少年に対して行われる教育をいう。資本主義の発展とともに犯罪が増加して,犯罪対策の必要性が高まり,とりわけ可塑性に富む青少年に対しては,成人犯罪者から分離して処遇することが為政者の課題となった。日本では,その試みは1870年代から80年代にかけて懲治制度として始められたが,それは教育の名に値するものではなく,1884年池上雪枝が大阪に感化院を創設したのにつづいて民間感化事業家たちによる私立感化院設立運動がおこり,政府もようやく1900年に感化法を公布した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうせいきょういく【矯正教育】

犯罪や非行のような社会的不適応を示す者を矯正し、社会の一員として復帰させる教育。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矯正教育
きょうせいきょういく

法律上では、「少年院は、家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容し、これに矯正教育を授ける施設」(少年院法1条)とあるように、少年院の在院少年に対して行われる教育を意味する。さらに、その内容は、在院者を社会生活に適応させるため、その自覚に訴え、紀律ある生活のもとに、学校教育に対応する教科、ならびに職業の補導、適当な訓練、および医療を授けるものであると規定している(同法4条)。英語ではcorrectional educationという。
 現行少年院法の制定される以前の矯正院法(大正11年法律43号)のなかには、矯正院で行われる教育について、このように明確なことばは使われていない。一般的には少年保護、保護事業、あるいは保護教育などが用いられていたようである。これらのことばも、今日の矯正教育と同じ内容を含んでいたものと考えるべきであろう。なお日本において、成人犯罪者と区別して少年犯罪者に特別の教育を実施したのは、1872年(明治5)制定の監獄則に規定された懲治(ちょうじ)場が最初である。懲治場は1907年(明治40)に廃止され、それにかわるものとして、22年(大正11)に矯正院が設けられた。
 しかし矯正教育ということばは、この少年院法のなかだけで使用されているわけではない。受刑者を拘禁して刑罰を執行する刑務所のなかでも、教育、処遇、矯正などとよばれる多様な活動が行われ、それらを総括して矯正教育ということも多い。このことは、成人の犯罪者であっても、積極的に教育することによって、人格の向上が図られるべきであるという教育刑理論に基づいており、監獄法には明文の規定としてはないが、現在一般に用いられている。
 また、矯正教育ということばを使ってはいないけれども、保護観察所のもとで行われている成人犯罪者や非行少年の保護観察という活動がある。保護観察は、少年院や刑務所の処遇を施設内処遇とよぶのに対して、社会内処遇とよばれることが多い。処遇場面を除いて考えるならば、教育研究の立場からは、これもまた広義の矯正教育とみなすべきであろう。
 児童福祉施設の一つである教護院は、不良行為をなし、またはなすおそれのある児童を入院させて、これを教護することを目的とする。主として14歳以下の児童を中心に、不良性を除去して心身の健全な成長を遂げるように援助することを教護とよんでいる。教護院の前身である感化院の場合には、同様の教育活動を感化とよんでいた。これらの感化や教護とよばれる教育活動も、広義の矯正教育と大きく異なる教育活動であるとは考えられない。なお教護院は1997年6月の児童福祉法改正に伴い、98年4月より児童自立支援施設に改称され、家庭環境その他の理由により生活指導等を要する児童も対象に加えられている。
 学校教育においても、著しい問題行動、ときとして刑罰法令を犯す生徒・児童の教育を考えるとき、従来の一般的な教育課程によっては対処できない事態に立ち至っている。これも矯正教育の一環として研究されるべき問題である。したがって広義の矯正教育は、少年を中心とする、犯罪者や非行者の教育であると考えるのが適切であろう。[副島和穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矯正教育の関連キーワード矯正保護刑務所拘置所少年刑務所パノプティコン刑務官矯正医官刑務所と拘置所保釈と釈放矯正施設

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矯正教育の関連情報