石 三次郎(読み)イシ サンジロウ

20世紀日本人名事典「石 三次郎」の解説

石 三次郎
イシ サンジロウ

昭和期の教育学者 東京教育大学名誉教授。



生年
明治33(1900)年4月10日

没年
昭和43(1968)年7月30日

出生地
茨城県

学歴〔年〕
東京文理科大学教育学科〔昭和6年〕

経歴
東京文理科大学助手、東京高等師範学校教授を経て東京教育大学教授となった。昭和31〜36年教育学部長。この間、肢体不自由養護学校を付属「桐ヶ丘養護学校」として創設、初代校長を兼ねるなど、新学制移行期における付属中学、高校長として学校経営や運営に業績を残した。また教え子への感化も強く神保博行編「教育一路五十年―石三次郎先生の生涯」が没後44年に出版された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android