石井 辰子(読み)イシイ タツコ

20世紀日本人名事典の解説

石井 辰子
イシイ タツコ

明治・大正期の社会事業家 岡山孤児院院長。



生年
文久3年(1863年)

没年
昭和2(1927)年3月21日

出生地
福岡県

学歴〔年〕
同志社病院附属京都看護婦学校〔明治26年〕卒

経歴
関西法律学校(現在の関西大学)の創立者の一人である吉田一士と結婚するが、間もなく夫が早世。その後、同志社病院附属の京都看護婦学校に入り、看護学を学ぶ。在学中、病気入院していた岡山孤児院長・石井十次知遇を得、卒業後は石井の勧めにより同院で孤児の養育に当たった。明治28年石井と再婚。35年には院内に看護科を設け、看護教育を開始した。石井の没後はその遺志を引き継ぎ、大正10年4代目同院長に就任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android