コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原和三郎 いしはら わさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原和三郎 いしはら-わさぶろう

1865-1922 明治-大正時代の作詞家。
慶応元年10月12日生まれ。生地群馬県の花輪小学校長,のち東京高師付属小学校訓導をつとめ,明治33年冨山房に入社。国語などの教科書を編集するかたわら,「うさぎとかめ」「大こくさま」「キンタロウ」「はなさかじじい」「牛若丸」などを作詞した。大正11年1月4日死去。58歳。群馬師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石原和三郎の関連キーワード童謡ふるさと館ウサギとカメ大正時代金太郎花咲爺うさぎ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android