牛若丸(読み)ウシワカマル

デジタル大辞泉プラスの解説

牛若丸

日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、美空ひばり。1952年発売。作詞:西条八十、作曲:上原げんと。ひばり主演の同名映画(同年公開)の主題歌。

牛若丸

1952年公開の日本映画。監督:大曾根辰夫。美空ひばりが牛若丸と彼を慕う娘・桔梗を一人二役で演じる。その他の出演:水島道太郎、月形竜之介水戸光子、桂木洋子など。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

うしわかまる【牛若丸】

源義経みなもとのよしつねの幼名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うしわかまる【牛若丸】

源義経の幼名。謡曲「鞍馬天狗」「橋弁慶」、義太夫節「孕常盤(はらみときわ)」「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)」、長唄「牛若」「鞍馬山」「橋弁慶」などに登場。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の牛若丸の言及

【烏帽子折】より

…題名の初出は1551年(天文20)(《陰徳太平記》),上演記録の初出は63年(永禄6)(《言継卿記》)。鞍馬を出た牛若丸は金売吉次一行に加わって東国に下る途中,鏡宿で烏帽子を折らせるが,烏帽子折職人の妻が父義朝の郎等鎌田正清の妹であった。その夜,牛若はひとりで元服する。…

【鬼一法眼三略巻】より

…題材は《義経記》から鬼一法眼や弁慶関連の項をとり,鞍馬天狗の話なども加えたもの。(1)〈菊畑〉 清盛が熊野参詣の船中で源義朝の挙兵を聞くことから始まり,弁慶の生い立ちが書かれ,牛若丸,鬼三太がそれぞれ虎蔵,智恵内と名のって鬼一法眼の屋敷に仲間(ちゆうげん)として雇われ,いろいろ苦心して三略の巻を入手しようとする。鬼一は邸内の菊畑で智恵内に自分の過去を語る。…

【熊坂長範】より

…義経伝説に登場する盗賊。牛若丸が金売吉次に伴われて奥州の藤原秀衡のもとへ下る途中,吉次の荷物をねらう長範一行に襲われたが,牛若丸の活躍によって長範は討ちとられたという。長範が牛若丸を襲う場所は美濃国青墓(幸若舞《烏帽子折》,謡曲《現在熊坂》)とも同国赤坂(謡曲《烏帽子折》《熊坂》)とも伝える。…

※「牛若丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛若丸の関連情報