コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川道雄 いしかわ みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川道雄 いしかわ-みちお

1900-1959 大正-昭和時代の詩人,ドイツ文学者。
明治33年10月23日生まれ。山宮允(まこと),日夏耿之介(こうのすけ)に師事し,大正13年から詩誌「東邦芸術」(のちの「奢灞都(さばと)」)を編集。昭和4年東京府立高教授。戦後,国学院大,山梨大,北大などの教授。ホフマンの翻訳がおおい。昭和34年2月25日死去。58歳。東京帝大卒。詩集に「ゆふされの唄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川道雄の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題[各個指定]工芸技術部門ルナ市川崑エルスケン川島雄三