石河徳五郎(読み)いしかわ とくごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石河徳五郎 いしかわ-とくごろう

1796-1857 江戸時代後期の武士。
寛政8年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。徳川斉昭(なりあき)の藩主擁立に活躍,そのもとで勘定奉行,郡奉行として藩政改革をたすける。天保(てんぽう)15年(1844)斉昭の謹慎処分を解くよう幕府に運動。安政元年反射炉の建設担当者となった。安政4年7月16日死去。62歳。名は幹忠(もとただ)。字(あざな)は公恕。号は操斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android