コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石河徳五郎 いしかわ とくごろう

1件 の用語解説(石河徳五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石河徳五郎 いしかわ-とくごろう

1796-1857 江戸時代後期の武士。
寛政8年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。徳川斉昭(なりあき)の藩主擁立に活躍,そのもとで勘定奉行,郡奉行として藩政改革をたすける。天保(てんぽう)15年(1844)斉昭の謹慎処分を解くよう幕府に運動。安政元年反射炉の建設担当者となった。安政4年7月16日死去。62歳。名は幹忠(もとただ)。字(あざな)は公恕。号は操斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石河徳五郎の関連キーワード岡田子明片山辰世久須美蘭林鈴木春波鈴木宗休高田亘葉山高行百瀬検校柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone