コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石河徳五郎 いしかわ とくごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石河徳五郎 いしかわ-とくごろう

1796-1857 江戸時代後期の武士。
寛政8年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。徳川斉昭(なりあき)の藩主擁立に活躍,そのもとで勘定奉行,郡奉行として藩政改革をたすける。天保(てんぽう)15年(1844)斉昭の謹慎処分を解くよう幕府に運動。安政元年反射炉の建設担当者となった。安政4年7月16日死去。62歳。名は幹忠(もとただ)。字(あざな)は公恕。号は操斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石河徳五郎の関連キーワード石河幹忠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android