コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油製品価格体系(読み)せきゆせいひんかかくたいけい(英語表記)price system of petroleum products

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油製品価格体系
せきゆせいひんかかくたいけい
price system of petroleum products

精製コスト,流通コスト,政策,需給状況,税金などを反映した各石油製品の価格体系をいう。税抜き価格で見ると,日本は軽油,暖房油 (灯油) などの中間留分の水準が他国に比べて低く,ガソリンが高い。石油製品の中で大きな構成比を占める中間留分の価格水準が製品コストを下回っていることが,日本の石油会社の収益悪化の大きな原因となっており,価格体系の国際化も含めた新価格体系の確立が,日本石油産業の課題となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android