コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油関税 せきゆかんぜいpetroleum import duties

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油関税
せきゆかんぜい
petroleum import duties

原油や精製品である石油製品の輸入に課される関税。日本では従量税方式がとられていたが,1951年第2次世界大戦後のインフレーションに対処するために従価税に改められ,その後斜陽化する国内石炭産業の保護を第一の目的として行なわれてきた。1961年に課税の適正化と税関手続きの簡素化のために再び従量税に改められた。税収については特別会計制(石炭並びに石油及び石油代替エネルギー対策特別会計)がとられていたが,2006年に原油関税は無税化され,石油製品関税は一般会計に組み入れられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石油関税の関連キーワード財政関税

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android