コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石琴・サヌカイト せっきん・さぬかいと

1件 の用語解説(石琴・サヌカイトの意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

石琴・サヌカイト

香川県だけに産出する自然石で、1891年ドイツの地質学者ヴァインシェンクが「讃岐〔さぬき〕の岩」の意をこめ「サヌカイト」と命名しました。 木槌で叩くと神秘的で澄んだ美しい音を奏でるところから、地元では「カンカン石」と呼ばれています。 この石をマリンバのように並べて音を奏でる楽器です。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石琴・サヌカイトの関連キーワード讃岐岩庵治石自然石自然金自然鉄自然白金トルファサケニー岩スフェン岩ウルバイン岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone