コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリンバ marimba

翻訳|marimba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリンバ
marimba

打楽器の一つ。木鍵盤の下に共鳴器をもつ木琴で,フェルトなどの桴 (ばち) で打奏する。低音が豊かで,音色が美しいため独奏用楽器として用いられることが多い。元来アフリカの民俗楽器であったが,黒人奴隷によってアメリカに持込まれ,メキシコ中南米に普及した。現在一般的なマリンバの音域は,小型でヘ音から3オクターブ,大型はハ音から4オクターブ,極大型でハ音から5オクターブぐらいで,木琴より1オクターブ低い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マリンバ(marimba)

アフリカ起源の木琴の一種音板の下に円筒形の共鳴管を付けたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マリンバ

ラテン・アメリカの木琴。アフリカ東部や南部では,木琴や親指ピアノを指す。ラテン・アメリカでは主にアフリカから伝わった瓢箪の共鳴体のついた木琴を指すが,19世紀ブラジルではアフリカ起源の瓢箪の共鳴体のついた親指ピアノをも指し,コロンビアでは気鳴楽器以外のあらゆる旋律楽器を指す。
→関連項目バラフォンビブラフォン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリンバ【marimba】

旋律打楽器の一種。木琴の一種でアフリカに起源をもつ。材料は音の伝導が速く,振動が長いホンジュラスローズウッドが最適。板振動を応用して調律された長さ19~42.5cm,幅4~6.5cm,厚さ1.8~2.3cm,裏側はアーチ型の音板を枠の上に並べ,各音板の下には金属製または木製の共鳴管が取り付けてある。音域は通常ハから4オクターブ上。特殊なものにはこれより広い音域をもったものもある。桴は先が生ゴム製か毛糸綿糸で巻いたものを使用する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マリンバ【marimba】

アフリカ起源の木琴。中南米に普及して現在の形となる。個々の音板に共鳴管がつく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリンバ
まりんば
marimbamalimba

アフリカ系の木琴の総称、およびそれに由来する木琴の一種。アフリカ起源で、ラテンアメリカ、さらにアメリカに持ち込まれて近代的に改良された。語源は、アフリカのバントゥー諸語の複数を示す接頭辞「マ」と「平らな物体」を意味する「リンバ」を組み合わせたものにある。1910年以後アメリカで数々の改良が加えられ、40年代以降、西洋楽器としてジャズや管弦楽で確固たる地位を築いた。ローズウッド製の音板を枠の上に半音階で配列し、各音板の下に金属製または木製の共鳴管を取り付けた形態で、通常C3から上へ約三オクターブの音域をもつ。先端が生ゴム製の2本の桴(ばち)を両手に持って打奏する。なお、アフリカでは摘奏(てきそう)体鳴楽器サンザをこの名称でよぶ地域もある。[藤田隆則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマリンバの言及

【アフリカ】より

…これらの弦楽器はハープ系やリラ系が多い。アフリカにおいて最も注目されるのは,マリンバ,バランキ,ティンピラなど多くの呼称をもつ旋律楽器の木琴類である。ヒョウタンの共鳴器をつける場合が多い。…

※「マリンバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリンバの関連キーワードウッド・ブロック[wood block(s)]ビブラフォン[vibraphone]マリンバイオテクノロジー学会マリンバ[marimba]L.L. ラクーアS.E.ローションエベリン グレニーラテンアメリカ音楽トニー スコット石琴・サヌカイトカーン ジャマルサリナ・クルスパーカッション高橋 美智子小松未可子朝吹 英一吉原すみれ旋律打楽器稲垣あけみピーパット

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マリンバの関連情報