コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石神(いしがみ)遺跡 いしがみいせき

知恵蔵の解説

石神(いしがみ)遺跡

2006年3月、「観世音経(観音経)」に関連した最古の木簡が出土した奈良県明日香村の7世紀(飛鳥時代)の遺跡。木簡には679年に観音経を写したことが記されていた。日本書紀に観音経が登場する最も古い記述を7年さかのぼり、当時から観音信仰が盛んだったことがうかがえる。同遺跡では暦を記した木簡などが見つかり、当時の迎賓館的な施設だったとみられている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

石神(いしがみ)遺跡の関連キーワード意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧カーボベルデの要覧

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone