コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石神(いしがみ)遺跡 いしがみいせき

知恵蔵の解説

石神(いしがみ)遺跡

2006年3月、「観世音経(観音経)」に関連した最古の木簡が出土した奈良県明日香村の7世紀(飛鳥時代)の遺跡。木簡には679年に観音経を写したことが記されていた。日本書紀に観音経が登場する最も古い記述を7年さかのぼり、当時から観音信仰が盛んだったことがうかがえる。同遺跡では暦を記した木簡などが見つかり、当時の迎賓館的な施設だったとみられている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

石神(いしがみ)遺跡の関連キーワード青森県つがる市森田町床舞飛鳥衣縫樹葉つがる市森田

石神(いしがみ)遺跡の関連情報