コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石見銀 イワミギン

大辞林 第三版の解説

いわみぎん【石見銀】

江戸時代、石見銀山で運上銀として鋳造した灰吹き銀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石見銀の関連キーワード石見銀山遺跡とその文化的景観島根県大田市温泉津町温泉津石見銀山生活文化研究所世界遺産暫定リスト世界遺産・石見銀山島根県大田市大森町緑と水の連絡会議石見銀山資料館大森(島根県)井戸平左衛門石見銀山遺跡温泉津[町]川崎平右衛門石田 孝吉大田(市)恒松 隆慶仁摩[町]邑智[町]らとちゃん石田 幸吉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石見銀の関連情報